ブログトップ

リスのつぶやき

risunoki.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

年の瀬に

今年も残すところあと二日
お店も今日で年内の営業はおわりです。
年明けは1月5日(火)からです。
今年1年ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいね。

今年1年を振り返ると・・・。本当に色々なことがありました。
年賀状を書きながら、あぁ~・・・今年は報告することが沢山あるな~って・・・。
3月に次男が生まれ、そして11月にお店をオープンして・・・。

親の予想をしのぐほどどんどん成長していく子供に対して、お店はある意味、もっと正直。
自分の思いや、やってることがそのまま映し出される。
そんな厳しさを感じつつ、お客様がいらして下さったときの喜びを支えに毎日、凹みながら悩みながら、毎日あっという間に過ぎていきます。
オープンして2ヶ月。まだ2ヶ月??もう2ヶ月??
どちらかというと前者かな・・・。

今年はとにかくスタートラインに立った、ひとつのことを始めた年。
何もかもがこれからです。
お店も子供も、名前をつけるのにすごく悩み、産みの苦しみがあり、育てる苦労や喜びがあり、将来への夢や希望があり・・・。
自分達にとって大切なものを、大切に慈しみ、かつ皆様に喜んでいただけるお仕事ができるように。


毎日を大切に。家族との対話を大切に。
季節の移ろいに目を向け、周りをちゃんと見て、足元も見て、、、

赤毛のアンの中にあったフレーズ
「今日はまだ何も失敗のない新しい一日」
子供の頃の私のお気に入りの一説です。(それくらい失敗ばかりしてました苦笑)
今よくそのフレーズを思い出します。何もかもが未熟でどうしようもなく落ち込むこともありますが、そこから冷静に学び反省すべきは反省したら、また気持ちをリセットしてがんばる!!
そんな風に過ごしていけたらいいなと思います。

まずはスタートラインに立てたことを喜びたい。
お店をきっかけに多くの方々と出会えたことを喜びたい。

来年もどうか宜しくお願いします。
[PR]
by wandshop1 | 2009-12-30 05:20 | 日常

初雪

今朝、洗濯物を干してたら、上から白いものがチラホラ・・・「初雪だ!!」
慌ててタイヤ交換に走る・・・。冬到来ですね。

商品情報と更新情報。
e0181007_11275883.jpg

蟹絵銘々皿。私はこの器の手触りが気に入ってます。
ちょっと凹凸があって、触ってるとじんわり土のぬくもりが伝わってくるようです。
前回のブログでケーキを盛り付けているお皿です。

ホームページオンラインショップにUPしました。
よかったらご覧くださいね。

さてさて、気付けば12月も半ばを過ぎました。
慌しい師走ですが、リスの木がある界隈はとても静かです。
特に子供達がいない、昼間は本当にのんびりしてます。
忙しい主婦業の合間をぬって、気分転換に遊びにいらして頂いて、ホッと一息ついていただけたら、うれしいな~って思います。寒くなってきましたが、あったかくしてお待ちしております。

お店を始めてよく音楽をきくようになりました。SHOPにかける音楽を選ぶのは私の好きな仕事のひとつ。音楽に耳を傾けていると、自然と精神統一され、家庭からお店へと気持ちが切り替わるから、私が朝、店に来て一番にやることはCDをかけることです。この「切り替えスイッチ」はとても大切。名古屋に通勤していた頃は通勤電車で一眠りし、駅から職場へ20分ほど歩くときに切り替えてました。子供が生まれて地元の職場に通ってた頃は、職場についてから一杯お茶を飲んでいる時・・。そして職場と家が隣接している今は音楽をききながら掃き掃除をしている時・・・。だんだん「切り替え時間」が短縮されていくものの、やっぱり欠かせません。

正直子育てや日常生活に追われ、音楽どころかテレビをみることもままならない数年を経過してました。久々に耳にする音楽は、昔とは違って聞こえ、時の経過とともに、自分自身の見えている世界が大きく変わっていることに改めて気付きます。同時に見えてないものの多さに気付かされる今日この頃です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by wandshop1 | 2009-12-17 12:02 | Shop風景

焼ける幸せ

今週も無事終わりました。いらして下さったお客様ありがとうございます。
今週は、窯がフル稼働。素焼きが2回、還元が1回、酸化が1回。
冬の寒い時期。窯を使った日は、工房内もお店もとてもあったかくて、寒がりな私にとっては、ぬくぬくととても贅沢な空間です。

カワイイお皿もできあがりました。染付とサビ唐草の小皿。ホームページにもアップしてあります。
e0181007_1175313.jpg

オンラインショップでもお買い求めいただけます。

私も、週末にかけてオーブンをフル稼働。
クッキーを2回にケーキを1回焼きました。
e0181007_125295.jpg


いつも夫に「見た目はイマイチだけど味は美味しいね。」と評される私のお菓子。結婚当初は誉め言葉として受け止めておりましたが、未だこの評価が変わることはなく、なんとか見た目も一皮剥けたい今日この頃(笑)

切り分けてに器に盛るとなんとなくいい感じ??
e0181007_1294478.jpg

この写真で使ってる器は織部蟹絵銘々皿です。

何だかんだと作った片っ端から完食してくれる我が家の男衆。休日の食料の減り方はハンパないですが、作り甲斐があります。陶器にしろ、焼き菓子にしろ、何かが焼けるのって幸せ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wandshop1 | 2009-12-13 01:41 | 商品情報(器)

工房にて

土曜日の工房の風景。
上の息子(3歳)が初めて粘土に触りました。
e0181007_1625390.jpg


最初はなんとなく土をこねてるパパの周りをウロウロしてたのですが、パパが粘土でささっとアンパンマンを作ってみせたら目がキラキラ。
「トーマス作って~」
「今度は自分で作ってみる~。」
とあっという間に夢中になり、1時間以上土いじり。

「なにやってるのぉ?」
とおにいちゃんの手元を興味深げにのぞきこむ下の子(8ヶ月)
e0181007_16282670.jpg


そんな子供達の姿をカメラで追う私・・・。全くじっとしてないのでどれもピンボケ(涙)

仕事の場所と、生活の場所が至近な我が家。
メリットもデメリットもあり、毎日が試行錯誤。
そんな中、家族の時間と仕事の時間がちょっと繋がった気がして嬉しかった土曜日でした。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wandshop1 | 2009-12-08 16:32 | 日常

一ヶ月

オープンして早いもので昨日で一ヶ月経ちました。
いらして下さったお客様、ありがとうございます。

お店に入ってきたお客様が「かわいい~」って言って下さるとすごく嬉しいです^^
小さなお店ですが、ゆっくり丁寧に時間をかけて商品を見て下さる方が多く、ありがたいな~と思います。
お客様とのやりとりの中で、新たなアイデアが浮かんだり、あんなことも、こんなことも・・・とやりたいことが頭に浮かんだり・・・私達も毎日勉強させてもらってます。
何よりも、いらしていただいた方に少しでも楽しんで頂けたら・・・と思うのです。

12月に入ったということでSHOP内も少し、模様替え。
ディスプレイの棚をひとつ増やしました。
クリスマスの食卓に合いそうなアイテムが置いてあります。
e0181007_12544467.jpg


そして、新たな試みとして・・・・。
店内の器を使って、料理を盛りつけた写真の展示を始めました。
e0181007_1325621.jpg

特に女性のお客様は、器を見て「この器にはこんなものを盛り付けたい」と話されている方が多く、器を見ながら同時に食卓をイメージしている方が多いことがわかりました。

そんなお客様をみて、少しでもイメージの助けになれば・・・と撮影してきました。

脚がついたフォーマルな器に、定番のお惣菜を盛り付けてみたり、和食器にパスタを盛ったり・・色んな使い方にチャレンジして、お客様に提案できたらいいなと思います。

師走とは思えないくらい暖かく、お店前のお庭を散歩してるお客様もいて心が和みます。
休日などは、ご家族やご夫婦で散歩の途中に立ち寄ってくださる方も多く、皆さん沢山散歩していらっしゃるんだな~と思います。
夫婦揃って運動不足気味の我が家・・・。
見習って少しは歩かないと・・・と思うのです・・。

応援よろしくおねがいします!人気ブログランキングへ
[PR]
by wandshop1 | 2009-12-04 13:35 | Shop風景

食卓の風景に思う

いよいよ12月。冬の到来。
最近、新しく作った器を数点紹介します。

e0181007_14552253.jpg

手前 黒土中皿  奥 三角皿 
e0181007_14555770.jpg

サビカラ草楕円長皿 

この写真を見た友人から「美味しそう、食べたい」と言ってもらえると嬉しい。
食欲って、じわじわと体から湧き出てくる、パワーの源だって思ってる。
それを少しでも刺激できる写真を撮りたいって・・・。まだまだだけどね^^;

「一番おかあさんになれる冬」

某社のスパゲティグラタンのCMのキャッチコピー。
余談だが、私はどうしてもスパゲティグラタンというのが受け入れられない。
夫から再三にわたって「作って」と言われているが気乗りがしない。
グラタンといえばマカロニグラタンかポテトグラタンじゃなくては・・。
偏見なのかな。

スパゲティグラタンについてはさておき、「一番おかあさんになれる冬」という言葉につい反応してしまう私。
私にとって母=料理。子供の頃の甘い思い出といえば、まず一番に思い出されるのが食卓なのだ。

昔から食べることには貪欲だった。
クリスマスや誕生日のイベントの食卓はなおさらだった。
お手伝いがキライだった私が、イベントの食卓だけは違った。
ティッシュを紙ナプキンにみたてて折りたたみ、その上にナイフとフォークを並べ、グラスを並べ、椅子に登って背伸びして、いつもは使ってないペンダントライトの白熱球をともした。
白熱球の色が料理を美味しくみせることを子供心に知っていた。
テーブルが料理で埋め尽くされていくときの高揚感といったら・・・。

今回新作の撮影をしながらそんな子供時代の食卓の風景を思い出した。
白熱球の下で見る料理はやっぱり美味しそうに見えた。
特別なごちそうのにおいがした。

子供時代を振り返ると、甘い思い出よりも苦い思い出が先に浮かぶ。
臆病で、不器用で、頑固で、素直じゃない子供だった。
人前で本心を晒せなかった。小学校6年間、学校や友達の前で泣いたことはなかった。
悔しくて悔しくて仕方ないときはトイレで一人で泣いて何食わぬ顔で出てきた。
家族の前でも、そうだった。日記を隠し、泣き顔は隠し、一番言いたいことは言えなかった。
時々、唐突に感情をバクハツさせた。母に酷い手紙を送りつけたこともあった。
一人バスと電車を乗り継いで家出もどきをしたこともあった。半日で何食わぬ顔で戻った。
人から「まじめでおとなしいね」といわれるとすごく落ち込んだ。
「優しくて素直な子」「元気で活発な子」って言われてみたかった。
自分が思い描く憧れの自分と、現実の自分のギャップに落ち込み、望まれる人間になれないことに卑屈になってた。「個性」とか「マイペース」って言葉も知らない、子供の頃の話・・・。

そんな子供でしたが、食欲にだけはとても素直に生きてました(笑)
食べものを前にしたときだけは、自分の欲に忠実で、そして幸せだった。
母が毎日作ってくれる料理は美味しかった。
食事のマナーを注意されたり、色々小言を言われたり、嫌なこともいっぱいあったけど、ゴハンの美味しさはかわらなった。毎日美味しいご飯を作ってくれたことは感謝してる。
苦い子供時代の記憶の傍らから思い出す、温かい食卓の風景の記憶は、私をホッとさせ、そして必要以上にこわばってる自分の肩の力を抜いてくれる。私は大事にされてたんだ・・・と再認識する。

食卓の風景って、その人を形作るものだと思う。
だから大事にしたい。
できれば家族揃って、温かいご飯を囲みたい。
毎日じゃなくたっていい。
ただ、食事を大切に思う気持ちは忘れたくない。

長々と書きましたが、改めて、自分がかなり食事に執着してることが自覚できました(笑)
ちなみに昨日の夕食。

e0181007_1524444.jpg

アシ絵焼き物皿  小飯碗 

豚汁にさんま。(それだけ?て言わないでね。)シンプルだけど旨かった~
3歳の長男と8ヶ月の次男が、サンマを取り合って食べてた。

今日紹介したお皿はSHOPにて販売中です。

今日もクリック!おねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]
by wandshop1 | 2009-12-01 15:30 | 商品情報(器)