ブログトップ

リスのつぶやき

risunoki.exblog.jp

長い散歩

遅ればせながら映画「長い散歩」のDVDをみました。

この映画のロケの多くを多治見や、近隣都市で行っているということで、見ていると見覚えのある風景がたくさん。

「あ、これ、多分あそこだよね~。」
「あ、あそこの喫茶店だ。」
「ここ知ってるよ、あのへんじゃない??」

とストーリーよりもどうしてもそちらが気になってしまう^^;

そんな風に位置関係を気にすると、

・(多分)多治見のアパートからみえる景色が春日井の王子製紙の煙だったり。
・多治見の川原の土手を登った途端、車で1時間ほどかかる別の川原にワープ!!してたり・・・笑
・5歳の女の子が一人で行ってるスーパーが隣の市だったり・・・

緒方拳さんがジョギングするシーンもワープしまくりで一体朝から何十キロ移動してるんだと思うと笑えてしまったり・・。

別に自分の知らない土地で撮影された映画だったら何の違和感もなく見られるんだろうけどね。

駅前のシーンはうちからものの10分ほどのところにある公民館でした。
すごい!!見事に駅に変わっててビックリ。映画ってこうやって作ってるんだね~~。

最初はそんなことばかり気になってましたが、知らず知らずのうちにストーリーに引き込まれてました。児童虐待を主軸に色んな心の闇や社会の行き詰まりを、描いていて・・・。

「生きている間に一度や二度は人生を見つめなおす旅がある」

というセリフが印象的でした。

なんだかんだで2回も見てしまった・・・。
いい映画でした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by wandshop1 | 2010-11-24 12:49 | つれづれ
<< 師走です。 勤労感謝の日 >>